SMART BEANS新聞を購読

*がついているものは必須です
あなたはどのグループですか? *
 

日本のイチゴを世界へ!グローバルに活躍するイチゴ農家 加藤さんが経験から得た教訓とは?

kato
  • LINEで送る
農業経営者から農業経営者へ「経営観」や「モットー」を伺い、 バトンをつないでいく農業経営者リレーインタビュー
第2回 株式会社秀農業 代表取締役 加藤秀明さん

スピーカー紹介

加藤秀明さん

株式会社秀農業 代表取締役 加藤秀明さん

愛知県一宮市
2006年就農
【経営作目】いちご・水稲

全国農協青年組織協議会(JA全青協)理事
愛知県農協青年組織協議会 委員長

約10年前、3年間務めたIT通信業界を脱サラし就農。
1年間の研修を経て2008年独立。

農産物生産の他、
アジアを中心に農業コンサルティング
海外でのイチゴ販売
香港での百貨店催事出展(イチゴ・イチゴの加工品)など
活躍は多岐にわたる

“本音”を綴ったブログ「農業ってそういうことだったのか」が人気。

 

第1回農業経営者リレー
(株)キャルファーム神戸の大西雅彦さん
からのバトンは

side1

愛知県一宮市にて、イチゴと水稲栽培を手がける加藤秀明さんに。

20161219_121532

お米を少しだけ作っていた兼業農家の家に生まれた加藤さん。
1年間秋田県大潟村にて研修ののち地元で就農。

最初は資金もなく、ひとりで実家の雑木林を開墾。
使われていなかったハウスを譲り受け、解体、運搬し、通常一棟約200万円かかるところ、20万円で最初のハウスを建て、イチゴ栽培をスタート。

独立翌年には、アジアへイチゴの輸出にチャンレジしてきた加藤さんは、現在もアジアを中心に農業コンサル・イチゴの輸出・現地生産・香港の催事出展・六次産業化などを手がけ、その活躍は多岐にわたる。

加藤さんが海外へ目を向ける理由とは。
また、はじめ“ひとり”で海外への輸出を試みた経験から得た「教訓」とは??

本音を綴ったブログ「農業ってそういうことだったのか」が人気。
常に、その発言に注目が集まる加藤さんの経営観。
加藤さんのモットー「イチゴで世界を豊かにします」に込められた思いをぜひご覧ください。

  • ポイント1

    日本のおいしいイチゴや優れた栽培技術を海外へ輸出している
  • ポイント2

    仲間づくりの大切さを痛感し、仲間作りの活動にも懸命に取り組んでいる
  • ポイント3

    仲間と一緒に次世代に「楽しく稼げる農業」を見せていく

 

動画全文「イチゴで世界を豊かにします」株式会社秀農業 加藤秀明さん

ー加藤さん、さっそくですが自己紹介をお願いします。

わたしは大学卒業後、東京でサラリーマンをIT通信業界で3年ほどやっていたのですが、人間の五感に触れる仕事がしたいと思い、ちょうど10年前、26歳で農業の世界へ入ってきました。

日本でおいしいイチゴを作って外国でも売りますし、外国でイチゴを作って外国の方にも喜んでもらうことをモットーとしています。

ーなぜイチゴを海外で販売しようと思ったんですか?

この地域(愛知県一宮市)で10年前、イチゴを作り始めて、やっぱりみなさんイチゴが大好きなんですよね。とっても喜ばれる!そのことから、世界の人にももっともっと日本のおいしいイチゴなり、日本の優れた農業技術を広めていきたいと思っています。

ー事業モデルを教えてください

今は、この愛知県で米を10ヘクタール、イチゴを0.3ヘクタールやりまして、なるべく直接消費者に届けるモデルでやっています。

加えて、外国で過去に農業生産をしていた経験から、アジアを中心に5箇所ほどコンサルティングで回っています。

加えて、1人の力で外国でがんばっていたのですが、なかなかうまくいかなかった経験から、「仲間作り」が大切だということで、農協青年部活動を一生懸命やっています。

やはり、自分たち農家の実力の底上げが必要だと思って、今、青年部活動を一生懸命やっています。

また、海外で日本のイチゴを食べたいお客さんがいらっしゃるので、そういったお客様に直接届けたり、香港の百貨店の催事で、イチゴ、ならびにイチゴの加工品を販売もしています。

ー外国で感じる手ごたえはいかがですか?

やはり、香港に限らず、全世界の人は日本のイチゴが大好きですね。

ー農業を次世代につなぐために大切だと思うことを教えてください

僕は「人材育成」だと思います。我々の世代が楽しく稼げる農業を見せないと、次の世代が入ってこないのではと思いますので、努力は当然していきますが、楽しく稼げる農業を見せながらやっていきたいと思っています。

ーこれからの夢はなんですか?

今まで私はミクロの分野で、自分の農園を整えたり、外国でイチゴを売ったり、外国でイチゴを生産したりと、がんばってきました。

これからは、自分1人ではなく仲間をつくって、そういった面で農業の良さ、楽しさを広げていきたいなと、それをモットーにがんばりたいと思っています。

ー加藤さん ありがとうございました。

会社情報

株式会社秀農業

株式会社秀農業

〈住所 〉〒491-0934愛知県一宮市大和町苅安賀317
〈電話〉0586-58-3121
〈FAX 〉0586-58-9695
〈E-mail〉info@excelagri.com
〈URL 〉http://www.excelagri.com

 

  • LINEで送る

こちらの記事もオススメ

BEANSニュースをSNSでチェック